蚊帳生地とは

歴史ある奈良の特産品「蚊帳生地」

蚊帳を見る機会は少なくなりましたが、目の粗い独特な蚊帳生地は身近な製品に形を変え、接していることはご存知でしょうか?

日本の蚊帳生地の歴史は『日本書紀』に記されている応神天皇の時代(西暦270~312年)までさかのぼります。中国の呉から蚊屋衣縫という蚊帳作りの技術者が渡来したことが始まりといわれ、奈良時代から貴族の住まいで絹の蚊帳を用いた絵が描かれた書物が見つかっています。室町時代になると「奈良蚊帳」と呼ばれる蚊帳が貴族や武士の間で贈答品などに使われた記録(『大乗院寺社雑事記』など)が残っています。

そして、江戸時代に奈良は麻を用いた伝統的な上布である「奈良晒(ならさらし)*1」が「南都改」の朱印を受け、幕府の御用達品として認定されるようになると、奈良市東部地域で麻の栽培も盛んだったこともあり、麻を原料にした蚊帳生地が織られるようになりました。しかし、麻の蚊帳は高価なため使用するのは上流階級に限られ、普及するのは明治時代に入ってからになります。一方、多くの一般庶民には麻ではなく安価な木綿や紙製の簡易な蚊帳が普及しました。木綿の蚊帳は、日本で初めて綿花が栽培され*2「大和木綿(やまともめん)」や「大和絣(やまとかすり)」という長年培われた綿織物の技術と、麻の蚊帳の織物技術があった奈良で発祥しました。綿の蚊帳生地の誕生は奈良蚊帳にとって画期的な出来事であり、安価で実用性に優れたものとして徐々に販路を拡大していきます。

蚊帳生地の生産明治時代から昭和の前半まで、蚊帳の需要増加と共に蚊帳生地の生産量は大幅に増え続け、生産性を上げるために機械化が進められるようになりました。奈良県中部では蚊帳生地を製織するノコギリ屋根の機屋が増え、シャットル織機の音があちこちで鳴り響く一大産地となりました。昭和の終わりになると、農薬の散布や殺虫剤等による蚊の発生抑制で環境衛生が良くなり、建築様式の和式から洋式への変化とクーラーなどの普及により、生産量が大きく減少し、産地として衰退していきます。

その中で、確かな蚊帳生地の製織技術を活かし、蚊帳生地を重ねた「布巾(ふきん)」、織物ふすま紙の紙と張り合わせる「襖地(ふすまじ)」、農業用の「寒冷紗(かんれいしゃ)」、自動車シート用難燃補強基布、フィルター基布、ハンプ、網戸、床材基布等の産業資材、ストールなどのアパレル生地など形を変えながら様々な製品へと蚊帳生地は進化しています。

*1:『日本山海名物図会』に「麻の最上は南都なり近国よりその品種々出ずれども染めて色よく着て身にまとわず汗をはじく故に世に奈良晒とて重宝するなり」と高く評価されています。
*2:大蔵永常が天保4 年(1833)に執筆した『綿圃要務』のなかで、「綿を作ることは此大和国に始て作り」と記されています。

製品紹介ページはこちら

ページトップへ戻る