靴下情報アラカルト

11月11日は「くつしたの日」です

「クリスマスイブの夜、サンタクロースがプレゼントをくつしたに入れる」
これは、「4世紀、ミュラの町に実在した聖人ニクラウスが貧しい3姉妹に一家に同情し、夜中に煙突から贈り物として金貨を投げ入れたところ、暖炉に干しておいたくつしたの中にたまたま入り込んだ。くつしたの中に金貨を見つけた一家は、その後3人の娘の幸せな結婚に恵まれた」というお話です。

「くつした」には今日まで伝わる多くの逸話がありますが、どの話からも「くつした」は小さなものの豊かな世界、愛を贈れるものである。といえるでしょう。

11月11日はくつしたの日、男性と女性二人が1+1で2にならず、11と1になるにはペア、ペアしかない。二つのペアで装うものは手袋かくつしたと言うことになる。歴史的背景から、恋人同士、親子、夫婦が愛を贈り合うには「くつした」が最もふさわしいのです。

幸運を呼ぶ11の靴下ジンクス

-LUCKY JINX OF SOCKS AND STOCKING-

  1. 1パンツ>くつした>靴という順に色合わせすると、男子好みのバストになる。
  2. 21日3回、くつしたを履き替えると恋愛も、仕事も、人生もうまくいく。
  3. 3アミタイツが破れた日は、男が大漁。
  4. 4「ストッキングが伝線しているよ。」と言ってくれる男と結婚すると不幸になる。
  5. 5愛があるなら、アーガイル。
  6. 6ダイヤ柄のくつしたを贈ると、特別深い思いが伝わる。
  7. 7ダイヤ柄のくつしたを贈ると、特別深い思いが伝わる。
  8. 8隣で男が寝ている間にくつしたをそっと履かせて、
    起きなかったらその恋は成就する。(ただし、翌朝それを脱ぎ捨てていたら不可)
  9. 9清楚な服にシームのあるストッキングを履くと、フェロモンが出る。
  10. 1011月11日のよる11時11分に、くつしたを持って好きな人に告白しに行くと、1/2の確率でOKしてもらえる。
  11. 11猫の名前に「ソックス」とつけると、その飼い主(男)は、大統領になれる。「ストッキング」とつけると、その飼い主(女)は大統領夫人になれる。
  12. 12ガーターベルトに離婚なし。